FC2ブログ
プロフィール

チサト

Author:チサト
ジャンルは雑食。
色々とやりたい気がするだけ!

メインサイト
MISSING PARK

pixiv
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポプリクラブ2014年7月号

宣伝枠です。
本日発売のポプリクラブ7月号で16p描きました。
よろしければどうぞー。

2ヶ月連続ということで
月刊漫画誌の作家さん気分を味わえたのですが
大変すぎて正直もう・・・
いや、やることはもうないと思いますがw
内容は前回の続きです。
前回の終わりで出てきたキャラは何者なのかー?(棒)
そしてヨシオは本当に勇者なのかー?(棒)

20140531.jpg
で、今回のメインキャラです。
やっぱりインテークキャラは外せませんよね。
前回も年上かどうか怪しい感じでしたが
今回はもっと怪しい・・・

※追記
届いた献本で確認したのですが
2pの4コマ目、黒背景のコマに
「その名はベミダラ」というテロップが入るのですが
写植の時に見落とされたのか、掲載版には入ってないみたいです。
後で文句を言っておきます・・・



以下
今回の魔法使いおねえさん前後編の裏設定などを


ということで、編集者さんに出してもらった
ネタ3部作がようやく終了しました。
3つのネタってのは今回の魔法使いさん。
前回の運送屋さん、そしてその前のナースさん。
うーん、今考えるとやっぱ自分でネタだし
したほうがよかったのかなw

前回もでしたが今回も
あからさまな姉っぽさは出してません。
というか今回の2作は年上属性を意識してません。
「お姉さん」って書くと年上、姉属性に縛られる感じですが
「おねえさん」だと、そこのおねえさーん、みたいに
女性を指す代名詞でも使えるじゃないですか。
いや、ほんとうは前回も書いたとおり
~おねえさんというタイトルがもう後に引けなくなった
だけなんですががが・・・

ナオミとヨーコは実の姉妹ではありません。
瞳の描き方に違いをつけてますので
もしかしたら気づくかなぁと。
ヨーコの両親は娘を
魔法使いとして旅に出さなければならないのでしたが
どうにもこうにも子宝に恵まれませんでした。
あきらめかけた両親は
ナオミを養女として迎え入れ
ナオミを旅立たせる予定でした。
ですがその後なんとかヨーコを妊娠、出産。
その役は実の娘であるヨーコに回っていったのです。
ヨーコが生まれたため
用のなくなったナオミは隅っこにおいやられるのですが
ヨーコがすごくなついていたので
ナオミはヨーコを本当の妹のように可愛がったのでした。
もし何かあったとき、ヨーコを守れるようにならなきゃ。
そう思って相当な修行を積み、ナオミは強くなったのです。
このまま旅に出るとしたら
ナオミはきっとヨーコを影から見守るために
ついていったのではないかと。

なのでナオミの本音は
妹のためにこの似非勇者の正体を知りたい、
ということなのですが
妹が自分より先に未知の体験をしてるのが
羨ましいというか、姉としての威厳が・・・
という諸々の感情も混ざってああいうことにw

ベミダラはエロ本的な展開のための魔法です。
ただ単に普通の魔法一つで勇者かどうか判別できるのなら
エロ漫画にする必要なですからねw
ナオミが1年かけて会いに行ったのは古ぼけた石像で
「魔法会得の引き換え条件として純潔の証を捧げよ」
なんて状況になっていたらしい・・・

ナオミはなぜヨーコの占いを信じなかったかと言うと
ネームの時点で削除された台詞に
「レベル2の魔法使いの占いなんて信じられると思ってるの?」
というのがあったのですが、つまりそういうことです。
ヨーコも、ヨシオが勇者の血族とまでは見抜いていたのですが
使い物にならないことまでは見抜けたかったみたいです。

ちなみに冒頭で勇者の剣が折れたのは
この男は使い物になりませんよという風諭です。

脳内設定はまだまだあるのですがこの辺で。
やはりファンタジーものだと設定とか
それなりに作っちゃいますよね。
漫画の性質や尺的にほぼ出てることはないのですが
こういうのを考えるのが創作の一番楽しいところ
なんじゃないですかね。

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。